ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

影郎デザインワークス

EyewearBrand「ラビリンス」を発信する影郎デザインワークスの公式ブログ。取扱い店のお問い合わせはkagero@octn.jpまで
天才なお年寄り

最近テレビ見ない。なんか面白くないんだもん。

年齢を重ねるごとに何事にも反応しないシラケ世代になってきたのかなと思いきや・・・・

 

10年以上前の番組のこのコーナーは何度見ても笑える。

 

 

| 今日の影郎 | 19:58 | - | - |
健康食堂と健康メニュー

10年ほど前の2008年に私はこんな記事をブログに掲載したことがある。

「ダイエットや糖尿をはじめとしての病が原因で食事制限をしてる人のために、そんな人でも食を楽しめる定食屋を開業すれば大当たりするぞ」と。

 

その時の記事がこちら。

 

食事制限者でも楽しめる外食産業開業のススメ 2008.09.24 影郎ブログより転載
巷にはうまいものがあふれている。
高級レストランやB級グルメ、ファーストフード、、、、
またグルメ雑誌やグルメサイトなども充実し情報も簡単に手に入る良い時代になった。

食欲と性欲は似通っている部分もある。
我慢しようと思えば我慢できるが我慢ばかりしているとストレスがたまることになる。
裸の女性の間を出来るだけ見ないように通り過ぎるのは至難の業だ。

でも我慢しなければいけない人もいる。
いわゆる食事制限をしなくてはいけない人だ。
メタボ対策などで自らの意思で食事制限している人もいれば高血圧や糖尿、アトピーなど医師から止められている人もいるわけだ。

自宅で働いている人ならば自分にあった食材を探し自分で調理することも可能だが、会社勤めの人達は大変だろうと思う。そんな人は安心できるレストランを探し、毎日同じメニューを頼み、それさえ不可能な人はコンビ二でおにぎりを買うしか手がないのだ。
すなわち何の楽しみもないのだ。


そこで提案だが、
「限られた食材で最大限楽しませてくれる定食屋さん」というものが出来ないだろうか?

たとえば各テーブルにタッチパネル式のディスプレーが置いてある。
そこから自分の病名を登録するとその人に合った日替わり定食が出てくるという仕組みだ。重要なのは日替わりであるかわりに好き嫌いが通らずメニューが選べない点にある。
解りやすくいえば病院食の豪華版というわけだ。

もっと厳密にやるならばディスプレーに表示された定食メニューの材料や調味料なども表示され身体に合わないものは削除ボタンを押せばその通りに調理される。
すなわち客の自己責任において食べてはいけないものを指定するわけだ。

毎日そんな操作をするのも面倒なので常連客には個別カードを配布する。
そのカードには食べていいものといけない物が入力されており、着席と同時にカードリーダーにカードを通すだけでその日の定食が出てくるわけだ。

メニューを選べない不満も出てくるだろうが、何が出てくるか解らない楽しみもある。
健康ブームとはいえ身体に悪いものが平気で食材に混入されている昨今、身体のことを心配してくれる家庭のような定食屋があれば間違いなく繁盛すると思う。

題して「健康食堂」

やってみる気になったら一応ご一報くださいませ。詳しくお話いたします。
もちろんアイデア料なんて請求しません。
(転載終了)
この記事を書いてから約10年。なんでそういう食堂が生まれないのか不思議でしかたなかった。美味しいものだけを追い求める外食産業はバカのあつまりかとも思っていたんだ。でもタニタ食堂さんがやってくれましたね。現在10店舗なんだって。
健康産業であるタニタさんはその名前自体がもはやブランド化しこれからも増やしていかれるのだろう。
ただそんなペースでは我々が恩恵受ける日がいつ来るのか解らない。
健康食堂を作っていくのは時間がかかる。どんどん高齢化が進んでおりそれでは間に合わない。
どの食堂も、どのファーストフード店もせめて1〜5種類ぐらいの健康メニューを加えてみるのなら明日からでも始められるのではないだろうか。
たとえばマクドナルドの健康メニューは塩分控えめの豆腐ハンバーガー、
ラーメン屋ならばこんにゃくラーメン
定食ならば生野菜だけ定食
という風に各食堂に健康メニューを置いてみるんだ。これは他のメニューに比べて健康重視のため美味しくはない事も堂々と宣言出来る。自ら味のハードルを下げた上で与えられた制限内に最高の味を求めることこそこれからの外食産業に必要だと私は思う。
私は私で健康メニューという名称で商標をとりそのロゴを考えてそれを外食産業宛てに売り込めばかなり儲かるかもしれないね。
数年後にまたこの記事を掲載して「私の言った通りになったよ」という記事が書ければ嬉しいな。
| 今日の影郎 | 10:08 | - | - |
病院嫌いな私だけど
ジムでの頑張り過ぎなのか知らないが膝に水が溜まったようで足が曲がらなくなった。病院嫌いな私だがこのままでは4Fのギャラリーまで上がるのも辛くなったのでやむなく病院に来てる。

| 今日の影郎 | 10:39 | - | - |
熟睡出来ないので...

身体の疲れと頭の疲れのサイクルが狂っているような気がする。

身体は疲れてるからすぐに眠れるけれど頭は疲れてないので独創的で変な夢を見る事もあれば、身体は疲れてないのに頭は疲れてた時は起きていてもまともに仕事が出来ない。たぶんそんなに熟睡できてないのだろう。

 

本日スーパーの薬売場をなにげに歩いていたら「超熟睡」と書かれた大きな商品が置いてあった。睡眠薬というとなんかヘビーだが、熟睡するためのなにかしらの飲み物かサプリなら使ってみようかなとその商品を手にとったら女性用の生理用品だった。ちと恥ずかしかった。

 

そういえば昨夜は召集令状が届いた夢を見た。出兵するのは翌日だという。まさか50代で出兵するとは思ってもいなかったが現在の戦争は体力をほとんど必要としない戦争ということで人生経験を買われた我々の世代が呼び出され、若いやつらは明日の日本のために召集されない仕組みになっているらしい。

ともかく初の戦争なので何を準備していいかが解らない。いくら考えても答えが出ないので準備するのをやめ身ひとつで臨むことにした。小学校の校庭には今回出兵する50から60代の男性は真新しい軍服を着て集合している。私はその行列の最後尾について待機した。「しまった!携帯の充電器を忘れた!」と思い出したところで目が覚めた。

 

 

 

 

| 今日の影郎 | 01:12 | - | - |
トレンドという名の洗脳

今のトレンドを知るにはどうすればいい?と人に尋ねると大体100%の人が「雑誌を読みなさい」と答える。

 

そんなにいうのなら読んでやろうじゃないかという事で私はいろんな世代向けの女性ファッション雑誌を片っ端から買って読んでる最中だったんだ。いろんなタイプの雑誌をほぼ同時に読んでいくとあることに気付いてくる。ファッションにもいろんな流派があり、それぞれに教祖さまみたいな人がいて、それぞれがそれぞれの布教活動的な雑誌内容なんだ。なんだか宗教的なものを感じる。さしずめファッション雑誌は信者たちの聖書ともいうべきか。

 

「影郎さんも眼鏡雑誌やファッション雑誌に広告を載せれば」とよく勧められる。(なぜか知らないが勧めてくれるのは関東方面の人に多い)聖書に載ればそれが商売にとっての強みだと言われるのだろう。

 

なんか見知らぬ人から洗脳を受けているようでバカバカしくなったので買った雑誌を全部捨てた。
私は釣られないぞ。

 

 

  

| 今日の影郎 | 06:27 | - | - |
社名新ロゴ

社名のロゴなんて頻繁に変えないほうがいいよとアドバイスをもらったので、偏屈な私はあえて変えてやった。

年末から新年にかけてはこのイメージの新作が続くのでちょうどいい機会だ。

私の作品にポリシーやブランドイメージなんてものはない。

縛られるのが嫌いな私だからまさか自分で自分を縛るようなことはしない。

あえて言うのなら私が考えたメガネというだけ。

それでええんでないの?

 

明日から浅草で作品展開始です。

(開催店の渡辺眼鏡商店さんもなにかしら告知していただいてるのかなとお店のブログを拝見したら隅田川花火大会の宣伝をしてました。悲し。)

 

バナー.jpg 

 

 

 

 

 

 

| 今日の影郎 | 23:43 | - | - |
無口でシャイで人見知りな人のための接客講座

無口で、

シャイで、

人見知りな人のための接客講座だって???

 

そんな人はもともと接客なんかするなよ!と世間さまから怒られるかもしれないがこの眼鏡業界だけはそういう人がほとんどだ。

大人しくてもメガネ屋ならやれるだろうという甘い考えでこの道を選ぶからだろう。自分の欠点を補うためには接客は誰かに頼って自分は技術屋に徹するしかないわけだが技術屋ばかりが集まっても身内だけの井戸端会議のようで残念ながらなにも始まらないわけだ。

 

これからの学校教育ではパソコンと英語だけしっかり勉強すればなんとかなるなんていう人もいるが、私はもっと大切なものを忘れてはならないと思うんだ。

それは人脈を作る技。

だって人見知りで無口ならば人脈作りは不可能と言っても過言ではない。

つまり人見知りは接客業においては致命傷と言えるだろう。

 

しかし人間の性格なんて簡単に変わるものではない。自分がそうだからよく解る。

それを解決するには2種類のうちのどちらかの方法をとるしかない。

 

1、人見知りや無口をひた隠しにして明るい性格であることを演技する事。

私が昔やってきた方法だ。一日中演技するのは大変疲れる。だが演技すら拒否するようならば自分の代わりに働いてくれる人に寄生するしか生きていく方法がない。私が経営者ならばそんな人は不要の人材として切り捨てるだろう。

 

もう一つの方法はこれ。

 

2、人見知りで無口なのを開き直りその性格を前面に出しムード作りをする事。

たとえばバーのマスターは「へい!いらっしゃい!」なんて声を掛けないだろう。無口が当たり前の環境とムード作りが必要になるわけだ。ルックスやファッションセンス、環境が整わないとかえって滑稽になる。

 

無口で人見知りな魚屋さんは職替えした方がよさそうだが、メガネ屋さんであればこのいずれかの練習を受けることで克服できるかもしれない。克服さえできればこれまで培ってきた技術もようやく日の目をみるわけだ。

 

以前も接客講座をやってきたが講習料金をいただいたことはたった1度だけ。それ以外はボランティアとしてやっていた。業界をよくするためなんて今から考えれば恥ずかしくなる理想を掲げていたからだ。この業界の救世主になろうなんて気持ちはさらさら無い。もし講習を受けたい方がいらっしゃるならば私のような年齢の男の身体と頭を拘束されるだけに見合う報酬をいただくつもりだ。その人の人生にプラスになるかどうかなんてその人次第だから私の知ったことではない。

1、2のコースのどちらに進もうかをお考えの上メールをください。

 

とはいってもこんな講習に応募してくるような人ならば人見知りとは言えないんだろうな。

本当の人見知りならばその勇気はないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 今日の影郎 | 15:14 | - | - |
絶対叶わぬ夢

絶対叶わぬ夢が私にはある。

僕は初恋がしたい、たい、たい、たい!!!

| 今日の影郎 | 12:19 | - | - |
adrenalin2 色決め完了

 

来年発売のアドレナリン2の色決めを先ほど完了した。職人さん宛てにそのカラーサンプルを発送すれば目下の仕事はひとまず完了する。

上の表を見ると一番下のブラック以外はこれまでにない色名が目立つと思う。

col,50のスチームパンクはその道に詳しいギャラリーのお客様に相談しながら決めた。銅や真鍮にこの色を施すのは簡単でもチタン材質にこの色を施すのは大変難しいらしい。綺麗なものを作るのが職人さんが得意とするところなんだが私の場合は逆に汚く作ってくれという要望。職人さんにとっては未知の世界となる。

 

col,60の陸自、col,70の空自は一体何色なんだ?と思われる方もいるだろう。無理もない。

まさしく陸上自衛隊が戦車などに使っている色と航空自衛隊が戦闘機に使っている色だ。

せっかくならばウェザリングという汚しの手法を使いたかった。新品でピカピカのスニーカーよりも使い込んでいる風の方が良い感じになるからね。でもそこまでやると莫大な費用がかかるし売れるものも売れなくなる可能性がある。どうせ使い込んでいくうちに汚れてしまうだろうからそれはやめた。普通メーカーさんはお客様に「フレームを傷つけないように」とアドバイスしたいところだがこの2色に関しては傷をつけてところどころハゲさせてほしいぐらいなんだ(笑)。

 

 さーて、今日はギャラリーの予約も入ってない。

これから次の作品展(浅草)のための荷造りを済ませたあとに銭湯でもいって頭の中をリセットさせる。

来年春のデザインに取り掛かるか、これまでの完売作品を再生産させるか、まずは悩んでみる。

 

そろそろ9月頭に発売させる新作「CHIMERA−NEO」の告知も始めなければならないな。

 

 

 

 

 

| 今日の影郎 | 11:33 | - | - |
自衛隊のトラックを見てしまったので
昨日の鯖江出張は来年発売の新作アドレナリン2の色決めも兼ねていた。色決めと言ってもその場で考えるわけではなくこちらで考えていた色を職人さんに説明する目的で行ったわけだ。

結論から言えば事前に考えてきた色を全部再考することとなった。というのも出張の途中で電車の車窓から見える国道に自衛隊の深緑のトラックを見てしまったからだ。私の考えがそのとたんにぐらついた。
男らしい色の選択肢が急に広がってしまったからだ。そう言えば今年の自衛隊基地の航空祭でも見たF15という戦闘機が纏っている無機質なグレーも候補にあがってきた。

こうなるともうその場での決定は不可能。早速私はプランを破棄しもう一度考え直す期間を貰ったんだ。

今日は早速プラモデル屋さんに行って陸上自衛隊や航空自衛隊、海上自衛隊が使っている色の塗料を買い込んで銀の丸いプレートに塗りながら光の変化による色の変化を確かめたんだ。



拘ってますねと言われることもあるが本当に拘ってる人はそれを拘りだとは思ってない。拘りのメガネなんて表現されると穴があったら入りたくなる。やりたいからやってるだけのことなのです。


| 今日の影郎 | 20:39 | - | - |