ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

影郎デザインワークス

LABYRINTH by Kagero Design Works
アイウエアデザイナー影郎のブログ
<< 「4museums」まであと5日 | main | やっぱり君達は最高さ >>
「4museums」まであと4日
神奈川県厚木市「Optical VOIR」さんでの合同展示会
「4museums」まであと4日

8月9日(土)12:00〜20:00
8月10日(日)10:30〜20:00
神奈川県厚木市林1-25-3
お店までの道順はココをクリック。


今までのトランクショーと違って検査やレンズ説明が出来るのはオーナーただ一人なので彼をフリーな状態にさせるため我々も出来る限り協力していくつもりだが、ひょっとしたら段取り悪い接客となってしまうかもしれないがその点お許し願いたい。
多忙時の対処法ばかり考えれば考えるほど実際は暇になってしまうことも多く、その辺は行き当たりばったりでやるつもりなので時間に余裕を持ってお越しくださいませ。


さて今日紹介するのはこの女。udonn


私の過去の作品(↑通称ドロンチョメガネ)をたまたま彼女が掛けていたのがきっかけで知り合ったのが3年前。今回ようやく彼女を公の場に誘い出すことに成功したのだ。
彼女のHPはココ

今回の展示会で私は彼女にひとつのお願いをした。
ボアールさんの店内には談話室として設けられた小部屋がある。
まるで7人の小人の家のように私の身長ならば屈んでしか入れないような部屋(私は「穴倉」と呼んでいる)なのだが、そこの部屋自体やその部屋の空気をも君の作品にして欲しいという要望を出したのだ。
手作りのメガネだからおそらく数本しか並ばないとは思うがその数本を他のメガネに混ぜて陳列するのじゃ勿体無い。部屋自体を「udonnの部屋」にしてメガネに限らず彼女がかもし出すudonnワールドを表現して欲しいと頼んだのだ。題して「udonnの穴」!
きっと面白くなるぞ!




彼女の紹介にあたって彼女の肩書きを考えてみたが適当な言葉が見当たらない。
私と違ってメガネを販売して生活の足しにするわけでもなく、仕事の合間に純粋にアートとしてメガネを作る。もちろん今回の展示会でも自分の作品を販売したりはしない。

職業としてメガネのデザインをしている人を「プロ」と呼ぶのならば私はまさしくプロであり、そういう点では彼女は「素人」でもある。
ただ私のような「プロ」は売れなきゃいけないし、大量生産できなきゃいけないし、それなりの資金も必要になってくるのでその点で芸術本来の自由度を奪われる。
自分で「芸術」と呼びながらもそれを言葉巧みに販売している行為には後ろめたさすら感じるのだ。

自分の作りたい作品を何の規制もなく自由な発想で自分だけのためにたった一つだけ手作りしている彼女の事を私はとても「素人」とは呼べない。まさに真のアーティストであり、私にとっては羨ましくもあるまさに「天敵」なのだ。

そこで私自身に関してある疑問が生まれる。
「売れなきゃいけない」
「大量生産しなくちゃいけない」
「ある程度の強度や掛けやすさがなきゃいけない」
その他さまざまなプロとしての規制を嘆いている振りはしているものの、本当のところはその規制が邪魔なのではなくて、それらの規制の上にしか存在価値を見出せないのではないだろうかという疑問だ。もっと簡単に言えば「もしも私が彼女のように自由になったとしても彼女のような自由な作品が果たして生み出せるのか」という疑問だ。

そう考えると私の作るメガネなんて大昔からある伝統的な形にちょっとアレンジを加えて悪戯しているだけのものかもしれない。そんなわずかなアレンジが私の存在する価値だったとしたらudonnみたいな自由な発想を持つスーパー素人人間は脅威に感じてしまうのだ。

こんな言い方をすると彼女には申し訳ないがそんな素質のある人間は世の中にたくさんいると思う。ただファッションにおけるアイウエアの重要性に気付いたのがたまたま彼女だけだったに過ぎない。
そういう意味では日本の眼鏡業界で彼女のような真のアーティストはいないので、私のような芸術的素質0の、どこの馬の骨か解らないようなやつでも食べていけるだけの需要と存在価値があるに過ぎないのだ。

彼女のような人間が増えてくると私は職を失う。
できれば私達が生きているうちはおとなしく影に引っ込んでおいてもらいたいと願う反面、私達が到底太刀打ちできない作品を示していただくことで次世代の方向性をこの業界にいち早く示して欲しいと願う。



さて、現在の私の作業はご来店いただいた厚木のユーザーさんのために「厚木POISON党」バッチの梱包をしている。この缶バッチは他の土地でのトランクショーでも配ったことがあるが誰一人としてその場で付けようとする人がいない。露骨に「もらってもうれしくない」という顔をされるからその表情を見るのも楽しみだ。
080803_1557~0001.jpg

(取引店さまへ業務連絡)
8月8日(金)〜11日(月)まで出荷業務をお休みさせていただきます。


| 取引店 | 00:19 | comments(0) | - |
コメント
コメントする