ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

影郎デザインワークス

EyewearBrand「ラビリンス」を発信する影郎デザインワークスの公式ブログ。取扱い店のお問い合わせはkagero@octn.jpまで
元気なお店の元気なブログ

 今時元気なお店はかなり少なくなった。

それでもいつ行ってもお客さんが絶えなくて繁盛している店がある。

 

愛知県刈谷市にお店を構えるメガネ工房AZさんだ。

 

 私が社会人になってメガネ屋さんに勤めていたころに商売のなんたるかを親身になって教えてくれた先輩である三輪さんのお店だ。ほぼ同時期に彼は会社をやめてご自身でお店を立ち上げ、私はデザインの道へ進んだというわけだ。

独立して何も解らない時期に、売れるかどうかもわからない私の作品を真っ先に仕入れ育てていただいた御恩がある。

 

そのお店のブログを見るだけで元気なのが伝わってくる。

ブログなんて誰がみる?と批判の目で見ている方。

たしかにメガネ屋さんのブログなんて一般の方からすればあまり見ていないかもしれないね。でも必ずと言っていいほどに絶対見てる人が1人いるんだ。それはブログを書いているご本人なんだ。そしてその作品はその人の武器になる。それでいいんだ。

 

私がメガネ屋さんだったころに新作メガネが入荷するたびお店で会議を開き、1本につき何個ものセールストークを三輪さんに考えさせられたものだ。その積み重ねが今も生きているのはうれしいかぎり。

 

そのブログに敬意を表して以下にコピペさせていただきます。

 

*******************************************

 

LABYLINTH by 影郎デザインワークス, NEWS, メガネ徹底解剖, 新商品のご案内

【LABYLINTH by 影郎デザインワークス 】あの名作POISONの最新作が到着!

年の瀬に、影郎の新作が入ってきました。
すでに

【Twitter】

【Instagram】

では入荷案内をしていましたが、ようやくブログでご紹介できます。
では早速、影郎の新作を【徹底解剖】していきたいと思います。

POISON6

col,50 スチームパンク

IMG_0346

 

今までの影郎らしさは残しつつ、まったく新しい影郎の感じもあるデザインです。

いわば、影郎流
クラシックフレームといった感じでしょうか。

左右非対称のデザインは健在です。

IMG_0352

 

斜めに渡されたブロウパーツ

これがこのフレームの神髄でしょう。
細めのパーツなので、思ったほどインパクトも強く出すぎず
さりげなく、でもよく見ると変わっているという絶妙なバランスになっています。
パーツの仕上げ方も、カクカクっと無骨な感じで仕上げてあります。

IMG_0358

鼻は、【一山タイプ】の鼻パッドになっています。
他のメーカーよりも、鼻の高さが高く作られていますので、
日本人の顔によりフィットするように計算されて作られています。
一山タイプのメガネは、一度使うとやみつきになりますよ。

IMG_0354

スチームパンクカラーはデザイナー自身も相当気に入っている模様です。
真鍮っぽさがたまらない、いい色です。
ちなみにカラー名の【スチームパンク】はSFの1ジャンルとして定着しています。

イメージとしては【蒸気機関が広く使われている設定】
イギリスのヴィクトリア朝やエドワード朝の雰囲気がベースとなっている世界観です。
イギリス以外の国も概ねそれと重なる時代

<アメリカでいえば西部開拓時代>

<日本でいえば、文明開化から大正ロマンの雰囲気>

といったような代世界観です。

そんなスチームパンクをイメージしたカラー。
アンティークゴールドとも違った独特なカラーになっています。

col,8 ホワイト

IMG_0359

 

 

こちらはハッキリしたカラーリング。
マットホワイトカラーになります。
先ほどのスチームパンクと比べると、同じフレームなの?
と思ってしまう程イメージが変わります。
スチームパンクはクラシック感をだせますが、
こちらのホワイトは色を前面に押し出してくれます。

IMG_0361

派手です。

IMG_0363

これでもか!という程ホワイトです。

ホワイトは目立ちますが、フレームが細いのでいう程
目立ちすぎることなく使えます。

『白を初めて使いたい』

といった方へもおススメします。

IMG_0362

 

サイドのホワイトさも綺麗です。

col,16 シルバー&ゴールド

IMG_0364

このPOISON6のデザインは元々、
サンプラチナという素材で作りたいというのが始まりでした。

職人の老齢化で、サンプラチナで製作不可能だったという事態を乗り越え
仕上がったのがPOISON6
その初期構想の名残のあるカラーである、

シルバー&ゴールド

IMG_0365

ピカピカのシルバーフロントですが、細めなので攻撃的な印象にならず
知的な印象を出すことが出来ます。

IMG_0366

性別は関係ないフレームですが、このカラーはどちらかと言えば
<男性向けのカラーになっています>
ギラっとした印象が出せますので、仕事用にもおススメです。

IMG_0424

ゴールドはテンプルに使用されています。
シルバー&ゴールドという、ギラギラ感が強くなる事を約束されたような
カラーですが、それらのカラーをうまくまとめ上げています。

POISON6はこんな感じです。
新しい影郎デザインワークスの幕開けといったデザインです。

入荷したのはPOISON6だけではありません。こちらは新作ではないのですが
AZには初入荷の一本

 

CHIMERA-NEO

col,46 アンティックレッド

IMG_0378

 

影郎のメガネの中でも、使いやすくシンプル目なデザインの

『CHIMERA キメラ』

そのキメラの大きさをデザインし直し、再リリースされたモデルです。

キメラのデザインについてデザイナー本人の想いが
ブログに載っていましたので、下に転載しておきます。

私の作品はお子様を除く老若男女様々な世代に対応するデザインを心掛けている。

「老若男女」という表現をすれば解りやすいからそう書いただけで実はもっと細分化をさせなければならないから厄介なんだ。

 それは「メガネを乗ってるかメガネに乗っけられてるか」

メガネのデザインに打ち勝つオーラを備えている人と備えていない人に分類される。それは男女年齢関係なくだ。

 メガネのデザインに打ち勝つオーラを備えている人は実は極わずかである。
その極わずか一部の人のためにデザインも奇抜な方向へどんどんエスカレートさせる事もあるが私の本当の狙いは実はそこではない。オーラを持たない大多数の人にオーラを纏ってもらうのが目的なんだ。マニアックなデザインを上級と表現するのが適切かどうかは解らないが大多数の人を置き去りにして一部のメガネマニアだけを喜ばすデザインを考えても一時のブログネタになるだけの話でオーラを持たない人にとっては蚊帳の外の話に過ぎない。初めてオーラを放つ人のための初心者向けのデザインの重要性を感じるんだ。

 私の作品でもFrustrationとCHIMERAの2種類はその位置づけにあった。

この2作品の特徴として掛けたその人に初めてオーラを纏う驚きを味わってもらえる。しかしそのオーラがどんどん増殖するとこの作品の運命は終わってしまうんだ。

ここ大事だよ。この作品の欠点を発売前から告白しておくぞ。

「最初はドキドキ、

 慣れたら定着、

 いつしか物足りない」という順序で廃れていくんだ。

もちろんメガネが変わっていくのではなく掛けた人のオーラが変わっていくんだね。

「ややメガネの持つオーラの方が勝ってるのを選ぶといい。

すくなくとも人間の方が勝ってるメガネを選ぶのだけは避けなければね」これ大切。

新作も作りたい反面、過去の作品も再生産したい作品が山ほどある。

POISON、POISON4、TRAUMA、VANILLA、MORA、PANDORA、NUDE4、、、、

それらの候補の中で真っ先に再作を願ったのがCHIMERAだったんだがその理由がお判りいただけたと思う。

一部の影郎マニアの方にはつまんないだろうがここでこの作品を出しておかないといけない理由をお話しした。

引用終わり。

影郎のメガネの中でも、重要な位置づけであるキメラ。
そのキメラのサイズを大きくしたのがこのNEOになります。

IMG_0379

微妙に左右非対称なブリッジも健在。

 

IMG_0382

影郎お得意のアンティックレッド
ツヤのあるグラデーションカラーは色の出方が綺麗なのです。
ぱっと見では赤っぽくないのに、やっぱり赤という

仕事でもカジュアルでもいけちゃうカラーになっています。

col,48 アンティックグレイ

IMG_0371

アンティックレッドはツヤありでしたが、こちらのグレイは

マットグラデーション

無骨な、荒々しさを感じるカラーになっています。

IMG_0372

いい具合にかすれたカラーになっています。

IMG_0376

サイドから見ると

アンティークシルバー感

IMG_0377

影郎テンプルのカラーも良い感じです。

どうだったでしょうか。影郎の新作達は。
年末ぎりぎりの更新になっていますが、
是非実物を見にいらしてくださいませ。

| 取引店 | 19:35 | - | - |
三重県の取引店さまの壁画完成

先日言っていた三重県津市の取引店 オプトホリさんの壁画7枚が完成した。

半透明のフィルムで印刷し裏から蛍光灯が当たる。

昼間はコントラストを重視、夜はステンドグラス的に色が映えるようにした。

年をまたぐとやる気がなくなるのでこういう仕事やメガネのデザインは一気に行う。

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

| 取引店 | 17:29 | - | - |
取引店各位 送料値上げのお知らせ

し、しらなかった!

10月からヤマト運輸の送料が値上がりしてたなんて。。。。

カミサンから「テレビを見てないからだ」と叱られた。

 

取引店各位

これまでは3万円以上のご注文の場合送料サービスとさせていただいてましたが2018年よりこういう具合に変更させていただきます。

 

「ご注文していただいたメガネの総額(ケース代金含めず)(消費税含めず)

 37,000円以上は送料サービス。

 37,000円以下の場合は送料実費をいただきます。

 2018年ご注文分より適応させていただきます。」

 

よろしくお願いします。

言っておきますが私は全然悪くない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 取引店 | 00:23 | - | - |
いやがらせ3景

ある方から「たまには営業にいきなさい!」と叱られて一昨日から近場の取引店まわりをしている。

 

昨日は三重県。

そのうちの津市久居にあるオプトホリさんには10年ほどまえに私がええ加減に書いた壁画が4枚飾られている。

たくさん仕入れていただいたお礼にこの壁画をもう一度描きなおしましょうと提案したんだ。

今度は6枚

業者に印刷されて飾られるということになったんだ。

さてその絵だが2通り描いてどちらか選んでもらうことになったんだけど、

1つはシリアスで綺麗な絵。

もう一つはお笑いが入った絵。

シリアスな絵はすでに構想もあるのだけど、もう一方のお笑いの絵は悪意に満ちたアイデアしか浮かんでこないんだな。

 

今日はその悪意に満ちた絵の一部を3種ご覧に入れよう。

いずれも社長のホリさんの顔写真を使った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 取引店 | 04:18 | - | - |
名古屋での作品展は24日まで

1.jpg 

長丁場だった名古屋での作品展も残すところあと4日。

先日のギャラリー公開後も平日にしか来られない方から予約が入り、こちらには私はまだ一度も顔を出していない。

私の場合は絶対という言葉は言えませんが土曜、日曜あたり顔を出そうかと考えております。

 

G.TRANCEには3名の新人が入っており、名前を覚えられない私はその3名を「猫娘」「家庭教師」「局アナ」と呼んでおりますが先日この3名には超高級ラーメンをおごりましたので(私は人におごった経験を一生忘れない性格なのだ!)きっと私の作品をうまく紹介してくれるでしょう。皆さまぜひともこの機会に。

 

場所は名古屋駅を出て一番高いビル(ミッドランドスクエア)の3Fにあります。

昔は私もちょくちょく行きましたが名古屋駅前での喫煙に罰金制度が設けられてからはあまり行きません。

 

2.jpg 
 

 

 

 

| 取引店 | 09:07 | - | - |
今年最後の作品展は名古屋 明日から

今年1年間は月2回のペースで日本全国九州から北海道まで作品展を開催していただいた。

ありがたい事にご希望の店舗様から来年開催分の予約も入っているが、行き当たりばったりの経営なので来年はどうするかまだ考えてない。

 

さて今年最後の展示会は名古屋のG・TRANCEさんで行う。期間は12/2〜24

名古屋クリエーターズマーケット(12/9〜10)との兼ね合いで今回は長丁場の作品展となる。

 

大変勉強熱心なお店で、新しく入ったスタッフさん3名のためにギャラリーの定休日に影郎塾を開いてほしいとの要望をいただき4日に塾を開催することになった。(実はこのお店のスタッフは全員影郎塾体験者なんだ)この塾は私の作品の販売方法というよりも眼鏡全般コーディネートを実戦形式で教える。自分が楽しくないなら客も楽しくない。1従業員としてではなく、どうせ仕事をするのならお客さんの心に残るパフォーマンスをお見せしようというもの。自信を持ったとたんその人がたちまち美しく感じるから不思議なんだ。

 

 

 

 

 

| 取引店 | 13:56 | - | - |
ボアールさんのインスタ(眼鏡店のSNS利用方法)

出張から帰ると取引店さんからの注文が溜まっている。

今回はちょっと驚いた。

かなり昔の作品なのにPOISON5の注文が5店舗から届いていたんだ。

新作を発表するのは双方にとってリスクを生じる。これまでの作品を育ててくれてるのは感謝したいところだが、それにしてもなんで急にこの作品が?

 

POISON5をご注文いただいた取引店に問い合わせてみると

神奈川県厚木市の取引店「オプティカルボアール」さんがその作品を挙げていたのを見たかららしい。

https://www.instagram.com/p/Bb1SjPIl0BF/?taken-by=ken196909

彼のメガネ写真の撮り方はたしかに見ている人の夢が膨らむ写真に仕上がっている。全貌はほとんど明かさない撮り方でお店で現物を見てみたい衝動に駆られる写真をのせていらっしゃる。人によっては全貌を明かさない写真はハッタリだという人もいるが、通販ならまだしも、我々の目的は夢を見ていただきお店に足を運んでもらうのが目的なのだ。まるで昆虫標本のような写真だけで判断されては溜まったものではない。某有名ブランドの眼鏡メーカーはメガネの写真をSNSで公表しないでほしいと言ってるぐらいなんだ

 

いったいどうやって写真を撮ってるのか私はお店までいって確認しに行ったことがある。

なんてことはない。

メガネを乳白色のプラ板に載せて午前の太陽光が入る室内で接近した写真を撮る。驚いたことにファインダーはほとんど覗いてない。構図もすごく適当だ。画像処理ソフトで修正するのはホワイトバランスのみ。

 

 実はこの現象に私もちょっと反省。

既存の作品を大切に育ててなんて言っておきながらまっさきに飽きているのは私自身でないかとね。

店のブログに何を載せたらいいかで悩んでいらっしゃる眼鏡店さん。話題なんてものはお店に一杯あるんだ。ご自身をブランディングするためにはメガネとは関係ないプライベートな部分にも触れても効果的だが、内容とバランスを間違えると下手をすると逆効果になってしまう。私のようにね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 取引店 | 00:00 | - | - |
眼鏡店様向けギャラリー公開日 決定

IOFTや春の展示会にも参加しない!

営業もしない!

ならばメガネを見る機会がないじゃないか!!

 

そんな眼鏡店さまのお声にお応えして・・・

 

既存取引店様と

 

お取引の無い眼鏡店様 向け

 

「影郎ギャラリー眼鏡店様向け公開日」を設けました。

 

(*通販行為をしている眼鏡店はお断りします)

 

日時は12月13日(水)14日(木)

JR東海道線大垣駅前 影郎ギャラリー

詳しいアクセスはこちら

 

朝早くても夜遅くても夜中でも構いませんが、

常駐はしておりませんので前日12日(火)までにメールにてご予約くださいませ。

 

kagero@octn.jp ←クリックしていただきますと予約メールフォームがひらきます

件名「ギャラリー予約」

本文「ご住所、お電話番号、店名、お名前、ご来場日とおよその到着時間、ご来場人数」をご記入くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

なお新作POISON6ですがこの日には完成していると思われますが、万一遅れそうな場合はこのブログにてご報告いたします。

 

| 取引店 | 00:00 | - | - |
青森県八戸市での作品展は本日から

 

 

本日より26日(日)まで青森県八戸市のメガネアートさんで作品展を開催します。

 

ショップデータ

 

メガネアート

https://www.m-art8.com/

 

青森県八戸市番町25 本八戸駅から徒歩5分ぐらいかな とりあえず街の中心地

郵便番号 031-0031

電話番号 0178-45-0178

(この郵便番号と電話番号を見ると毎回ムカつく私)

 

営業時間

平  日 10:00~19:00

日・祝 11:00~18:00

定休日 水曜日(祝日の場合営業いたします)

 

ここのお客さんは皆さんフレンドリーで遊びに行きたい気がするんだけど、神戸の実家にも帰らなきゃいけない用事がある。

西に向かうか東に向かうかは寸前で決めることとします。

いずれにしろギャラリーは24日から28日までお休みします。

 

 

 

| 取引店 | 00:00 | - | - |
北海道苫小牧での作品展 本日より

 

 

 

ショップデータ

オプティークヒダカ

私はホッキメガネと呼んでいる

■営業時間:9:00〜19:00

■定休日:水曜日

〒053-0046 北海道苫小牧市住吉町1丁目2-5

【ご来店のご案内】 公共交通機関でのご来店は 苫小牧駅北口から道南バス 「鉄北03」に乗車して戴き 「住吉双葉中央」で下車(約10分) バスは1時間に2〜3本の割合で出ています。 バス乗車代金210円です

http://optiquehidaka.jugem.jp/

http://optique-hidaka.com/

 

今回は私は行きません。

そういえば何年か前にここで展示会をやった。

その時は台風がきてて前泊のホテルから出るのを駄々こねて嫌がっていたらお客さんに連行された記憶がある。

 

 

| 取引店 | 01:58 | - | - |