ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

影郎デザインワークス

EyewearBrand「ラビリンス」を発信する影郎デザインワークスの公式ブログ。取扱い店のお問い合わせはkagero@octn.jpまで
黄色いゴーヤ
影郎農園のゴーヤもいよいよ終盤。
実が成長しきれてないのに黄色く彩り始めた。



実は私はゴーヤは大嫌い。
喰わず嫌いなんじゃなくて口に入れたらすぐに吐き出してしまうぐらい嫌いなんだ。「苦くて美味しい」なんて言う奴がいるが私に言わせれば「マズくて美味しい」と言っているようなもの。意味が解らないんだ。

幸い家族は食べるから収穫はしてきたが実は私はゴーヤなどのツル植物をペットとして飼ってるんだ。あんなに頭脳明晰な植物はない。この話をすると長くなるからやめておくが。


さてこの完熟ゴーヤ。

割って中を開けてみる。
するとまるでケチャップのような果肉に包まれた種が見えてくる。

この種はまだ早いが、あと数日中を開けずに放置し、自然に割れる寸前の実から取れる種の果肉は驚くほどに甘い。



準備が出来るまでは苦くて目立たない実に守られ、準備が出来たら果肉に甘みをつけて実を黄色く目立たせて鳥に気付いてもらい、種を甘い果肉ごと食べさせて遠くへ運んでもらい、ウンコ肥料に包まれたまま来年の発芽を待つのだろう。恐ろしいまでのストーリーをこの植物は持っているんだね。だからペットとして飼う気持ちも解らなくもないだろう?
| 今日の影郎 | 00:00 | - | - |
SL&フィッシング

リア充記事は書かない約束だが、私は眼鏡業界鉄道研究会理事長の立場から今日の出来事は記しておかなければならない。

幸い夕方にしか仕事が入ってないので先週に引き続き走る蒸気機関車に会ってきた。

 

米原駅10時00分 C56が入線。

子連れ夫婦がわっと群がる。お決まりの記念撮影が邪魔。

この機関車は普段は京都の鉄道博物館に鎮座しているので停車中の記念写真は勘弁してもらいたいものだ。

やはりC56は小型で迫力に欠ける。私が大好きな日本最大の機関車C62の迫力には到底かなわない。

米原発は10時09分。

私はそれより早い10時05分発の各駅停車に乗り次の駅で蒸気機関車を待ち構えた。

 

国鉄時代のレールは継ぎ目があったのでガタンゴトンという小気味よいリズムを刻んだが、JRのレールと蒸気機関車が通過してもまるで鉄道模型のような機械音しかしないのが難点だ。

実は今週もこうして見学にやってきたのは先週に後悔することがあったんだ。動画撮影に夢中のあまり一瞬で通りすぎる光景を小さなファインダー越しにしか見てなかったからだ。今回はアングルが適当にして生身の眼で見ておこうと心に決めたんだ。

 

さて次に通過するのは3時間後。

その間を琵琶湖に移動しブラックバスに遊んでもらう。

iPhoneImage.png

 

 

 

 

13時30分。今度は長浜市街の踏切で見学することに。

やはり走る蒸気機関車は車輪を見なければ面白くない。ホームからではそれは見えないからね。

機関車が近付いてきたときにバカな鉄道ファンが踏切を潜り抜けた。

ちょうどそいつも動画に写ってしまったから腹を立ててるうちにすぐに走り抜けてしまった

次回運転は10月8日・15日・29日、11月5日(いづれも日曜日)

私はもうおなか一杯だから行かない。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 今日の影郎 | 19:57 | - | - |
一泊3千円ホテルのベッドは寝かしてくれない


珍しくグリーン車で帰宅中。
というのも昨夜の安ホテルのベッドがずっとスプリングが軋む音がして全く眠れなかったからだ。一泊3千円という安いホテルにしたのは早々チェックアウトして浮かせたお金で温泉にでも行って美味しいものでも食べたかったからなのだが、これほど眠いと温泉どころじゃない。そのお金でグリーン車に乗って寝た方がいい。

グリーン車に乗っても早く着くわけでもないわけで、求めるのは眠れる環境以外の何物でもないのだが、

蝶ネクタイをしたうるさいガキがグリーン車内で騒いでいた。何度か取っ捕まえようと思ったことか。
私はこの歳になってもグリーン車に乗ったのは人生で2度目なんだ。なのになんでガキが乗ってるのかが解らない。きっといい育ち方はしないぞ〜と密かに呪った。まーこういう大人にはならなくて済みそうだけどね。


| 今日の影郎 | 18:24 | - | - |
あれこれ考える時間

電車に乗っていると考える仕事が捗る。家では遊び道具が多過ぎて集中できないんだよね。

明日は予約入ってないのでこのまま泊まって帰ります。

| 今日の影郎 | 16:47 | - | - |
脱パチンコ1周年記念パチンコ大会

学生時代からずっとやってたパチンコ。

特別それが趣味というわけではなく、学生時代は音楽の事を、働き出してからはデザインの事を考えなくて済む、つまり思考を止めるために仕方なくやってたんだね。ある種の依存症みたいになってしまったんだ。

 

それが昨年の秋から一切やらなくなった。心境の変化だね。

 

人間というのは不思議なもので勝負に勝った記憶は残っても負けた時の記憶は出来るだけ消そうとする習性がある。だからパチンコにはまっている時代が金銭的にはマイナスでも精神的にはけっこうプラスなイメージが残る。

パチンコをやめた今は無駄なお金は使わない癖がついてはいるんだが精神的には結構ケチになっている気がするんだ。

たとえば賞味期限が明日に迫っている豆腐が33円。通常価格は36円だから、どうせ今夜中に食べるのだから3円安い方がお得。なんて事は昨年までは考えもしなかった。たとえわずかな金額でもそれが積み重ねると大きな金額にはなるからよろしいのだが、なんか人間的にどんどん器が小さくなっていくのが解る。

 

昨日仕事の合間に時間があったので出先のパチンコ屋に入ってみたんだ。

500円だけと思っていたが10発ほど打っただけで嫌になった。

なんか見知らぬ誰かに操られてるみたいでね。

玉を残したまま私は逃げるようにパチンコ屋を出た。

依存症は治ったみたいだ。

 

そんな事より明日はスーパーの揚げ物が78円均一の日だ。

 

 

 

| 今日の影郎 | 00:00 | - | - |
リア充禁止なので今日の話題無し。

ギャラリー&オプショナルツアーとして滋賀県長浜市まで走る蒸気機関車をみてきた。

そんなご報告を全国のみなさんにしたところで面白くないだろうか本日のブログはお休み。

 

| 今日の影郎 | 00:00 | - | - |
暑がり人間の掟

 スーツやジャケットは1着も持っていない。

暑がりの私にとって上着が必要なのは冬だけなのだ。

ただ冬とはいっても暖房の施設に入った時にはたまらない。だから冬であろうと夏物を着たいところだがそれではみっとも無いと言われるとわざわざ買う気にもなれないんだよね。オシャレ出来ないのが暑がり人間の欠点でもある。

 ちょっと涼しくなってきたので久々に鍋でもと思いスーパーに白菜を買いにいくと全部売り切れ。さすがに考える事は皆同じみたいだな。私が感じるよりももっと皆さんは寒がっている証拠だ。

 

さてそんな暑がり人間の私だが先日窓を開けて寝ていると思わず「寒!」と言ってしまって後悔した。

 

暑がり人間は暑い時につい「暑ーい」という言葉が口から出てしまう。そんな不平を言ったところで寒くなるわけはないんだがなぜか言ってしまう。言えば言うほど暑くなる。どうせ口から出てしまうのならばもっと「暑い」と不平を言ってやろうと観念した。そのかわりと言ってはなんだが私はいくら寒かろうと「寒い」という言葉は絶対に言わないと誓ったんだ。

 

いくら寒くても寒いと不平を言わない事。それが暑がり人間の掟である。

でないと駄々っ子と同じだからね。

 

あーどうでもいいブログを書いてしまった。ごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

| 今日の影郎 | 13:17 | - | - |
ソース勢力図。ブルドックって何?

https://chef-ri.com/news/61

 

こちらが地域別のソース勢力図。

 

北海道=ブルドック

東北=ブルドック

関東外郭=ブルドック、キッコーマン

首都圏=ブルドック

北陸=カゴメ

中京=カゴメ

近畿=オタフク、イカリ

中国=オタフク

四国=オタフク

九州=カゴメ

 

関東の方は信じられないといわれるかもしれないが日本列島を東西にわけて西側の人はブルドックって言われてもピンと来ない。

売ってるのかどうかも知らないが売ってたとしても視界には入らない。私だって旅先で口にしたことはあるのだろうがブルドックなんてソースは一度も買ったことがないから味は知らないんだ。そもそもブルドックってネーミングは食べ物の名前としていかがなものか?「ブルドック味」という意味に捕らわれかねない。(メガネにカニとかポルノというネーミングを考える私には言われたくないわな)

 

 ただ私が許せないのは近畿の人がこんなにも広島出身のオタフクを買っているのには驚いた。

私は高校時代まで故郷神戸で育った。同じ近畿とはいえ神戸だけは地元のオリバーソースが主流だったから知らないが、関西の人がなんで広島出身のオタフクを買うねん!ってことだ。粉文化と言われてる関西人だったら地元のイカリを買わんかい!と思うんだ。

 

大学以来中京地区に暮らしている私だがお好み焼きを作る時はカゴメと決めている。

こちらではオリバーソースが手に入りにくいという理由もあるがカゴメに勝るとも思えない。

一度オタフクを使ったことがあるがあの駄菓子感のある味を一口舐めてからすぐにカゴメを買いに行ったこともある。

関西人はお好み焼きをおかずにしてご飯を食べる習慣があるぐらいだがオタフクであればそれは不可能な話なんだ。

広島に旅した時には必ず広島焼きを食べるが一度でいいからカゴメソースを持ち込みたいと考えてる。

 

それはそうと千葉に本社を持つキッコーマン。てっきり醤油の会社だと思ってたがソースも作ってるんだ。しらなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 今日の影郎 | 04:07 | - | - |
座頭市にはまってます。

 昨日は予約なし。

しなきゃいけない事は山ほどあるものの、なんか気持ちが乗らないのでビデオレンタル屋へ行った。

話題作らしいので一度見ておこうと思って借りたのが「君の名は」

1枚だけじゃレンタル屋に申しわけないのであと1枚ぐらい借りることに。

ただ借りたいビデオがないのだ。

 

 レンタル屋の奥には暖簾越しにエロビデオコーナーもあるのだけど50を過ぎてこの暖簾をくぐるのは気が引けるし特別見たいわけでもない。見たいわけでもないのは本当のところ男として結構寂しくもあるのだがオッパイを放り出してアヘアへ言ってるビデオを見たところでつまらないのは目に見えてる。私が求めてるセクシーは青春時代にドキドキしたようなもっと神聖なエロスなんだ。

そこで私はグラビアアイドルのイメージビデオを借りてきて観た。ビキニ姿の姉さんが浜辺ではしゃいでるだけのビデオだ。

最速の早送りをして途中まで観たが「何がおもろいねん!」とわめいたのちにすぐに停止ボタンを押す。

 

「君の名は」を観ようと思ったがなんか観るのもめんどくさい気持ちになってきた。

一度も観ないまま結局即返却。

この歳になってくるとエロいのも観る気がしないし、感動せーよ!スタンスのビデオも入口付近でめんどくさくなってくる。どうしたものか・・・・

 

仕方がないのでYouTubeで勝新太郎主演の座頭市を観た。

なんだろう?この気分爽快な感じは!

テレビを観なくなって1年ぐらい経つが興味がなくなってきたのは年齢のせいだと思ってた。

しかしこの座頭市を観たあとに気付いたんだ。

昔のテレビの方がよほど面白かったんだね。

 

以下貼り付けておくのは座頭市の居合切り(漢字あってるのかな)シーンばかりを集めた動画。

興味を感じたらとりあえず1話だけも観てほしい。YouTubeで座頭市と検索すると出てくるはずだ。(くれぐれも他の人が演じる座頭市はみないように)

勝新太郎といえば黒澤明監督の「影武者」で武田信玄役を務めることになったが途中で喧嘩して降板となり、代役で仲代達也が演じた。仲代信玄も最高に良かったが、武田信玄は「甲斐の山猿」と言われた人物。風林火山の山のように「動かざること山の如し」と恐れられた人物。今となって嘆いても意味がないのは解ってるが勝新太郎の武田信玄を観てみたかったとつくづく思う。

 

さて次回は高倉健さんをフューチャーしてみようかな。

だって映画を観るたびに撮影地を訪れて旅をしたぐらいだからね。

 

 

| 今日の影郎 | 00:00 | - | - |
表面材質狩り?私の奇妙な行動

  昨日の日曜は名古屋へ行った。

人ごみが嫌いなので休日の都会は避けていたからか人ごみが新鮮でもあった。。

ちょっと時間があいたので時間つぶしに名古屋港水族館へ行ったんだ。ここはオープンして20年以上は経ってると思われいくら日曜とはいえ空いてるだろうと思いきや中は凄い人ごみ。オッサン1人で行動するのはちと恥ずかしかった。水槽の前にはガキがへばりついているので魚を見るのは諦めて20分で退散した。これで2千円は高すぎる。

 

 さてその水族館の玄関前にはブロンズ像が立っている。

私はその像自体には目もくれずその像の台座ばかりを写真に収めてきたんだ。

まわりから見たら変な行動と思われただろう。

 

 

自然現象が描く緑の模様。

こういうのは自分でなかなか描けないんだよね。

 

仕事を終え自宅にもどってからこの写真をもとに色と模様と凹凸を抽出し表面素材リストに加えた。

なんの事か?解らないよね。

このリストさえ作っておけば、

たとえば木製のチェロにこの素材を載せることが出来るんだ。

 

 

この画像を作っている時に私はこれまでに見たことがある風景が浮かんだ。

JR宝塚駅と阪急宝塚駅のほぼ中間に楽器が折り重なって一種の塔になっているモニュメントがあるんだ。

 

 

さっそくさきほどのチェロやピアノにこの表面素材を載せて無造作にコピペを繰り返すとこうなる。

 

私は手間のかかるアートというのが好きじゃない。

そして置き場に困るアートというのもめんどくさい。これまではその創作意欲を発泡スチロール彫刻でごまかしていたが、CG上であれば楽に作れるから楽しい。

 

ここまでくるとこの表面素材を使って腐らせたいアイテムがどんどん浮かんでくるんだね。

 

 

私のインスタグラムにはただ今腐らせた絵がどんどん増えているからフォローしてご覧くださいね。

メガネと違って社会的な役割を持たないものなので見てくださる人がいると解っただけで励みになります。

(コメントは不要ですよ。返事苦手なので)

 

実は今 かみさんには内緒で計画している事がある。

ギャラリーに来られた事がある人はご存じかもしれないがここには見晴らしがいい屋上があるんだ。

ここに自分だけの家を自力で作るんだ。

段ボールとガムテープだけね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 今日の影郎 | 10:04 | - | - |