ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

影郎デザインワークス

EyewearBrand「ラビリンス」を発信する影郎デザインワークスの公式ブログ。取扱い店のお問い合わせはkagero@octn.jpまで
鯖江で温泉を掘りたい!という話

 メガネの産地である福井県の鯖江をくまなく歩いたわけではないが、私の知る限り鯖江駅前の坂と北鯖江駅から丸山町へ通じる直線道路の2か所は雨や雪が降ると道路が茶色く変色する。それは土の茶色ではなくてもっと明るい鉄さびの茶色なんだ。

 

 以前も書いた事があるかもしれないが私は鯖江には温泉が湧くという説を以前から抱いていたんだ。

無色透明無味無臭の普通の温泉ならばすでに存在するのだが。私が言うのはダイナミックで温泉らしい茶褐色の温泉(いわゆる金泉)が湧くという説だ。

 

自分自身の加齢臭はなかなか気付かないが温泉独特の硫黄臭は敏感に気付く。ココ掘れワンワン的な場所は日本の至る所に存在する。臭いだけで確証は持てないが鉄さび入りの水が湧き出しているところを見るとそれが確信に変わるんだ。

 

 私の実家がある神戸。

その実家から電車で30分ほどの場所に有馬温泉がある。

有馬には金泉と銀泉の2種類があり金泉の方はまさにこの鉄さびの色なんだよね。きっと地下水に鉄分が含まれていて大気に触れると茶褐色に変色する。タオルは1回で茶色に染まるし、石鹸やシャンプーでは泡立たない特色のある温泉だが湯冷めしないその保温能力は半端じゃない。その有馬の金泉と同じ鉄分を多く含んだ地下水が鯖江の地下にも流れているのは確実といっていいんじゃないかな。

専門的な知識はないが温泉というかぎりは有馬のように温かくないといけないものの火山帯のない鯖江地区はそれはのぞめそうもない。当然沸かす必要があるし鉄分を多く含んでいる水を沸かすとなると管理費や維持費も相当なものになると思う。その辺のところをもう一度検討する余地があるのは避けられないが、、、、

 

先日私の作品を担当する工場の社長さんをお誘いしてみた。

「もうメガネなんかやめて温泉で一儲けしませんか?」と。

最初から大きな温泉旅館を作るのではなく、モンゴルの放牧民族が使用しているようなテントを立ててその中に2人ぐらいは同時に入れそうな小さな浴槽を置く。有名になってきたらその温泉の所有権を高値で売るんだ。

鯖江金泉の湯「Eyeland鯖江」みたいな名前にしてブランディングしていくんだ。

 

工場の社長さんはあきれていた。

 

 

 

| 今日の影郎 | 01:35 | - | - |
「The長靴」を持って鯖江行き決定

 

 

 

 JR北陸線はどうやら動き出したみたいだ。

相変わらずヤマト運輸は鯖江地区に送る荷物の荷受け中止も続いている。

鯖江の取引店「田中眼鏡」さんへ送る新作「PORNO4」もまだ発送も出来ない状態なのでこの際持っていこうと思う。

 鯖江に行く理由はもうひとつ。

来月発売の新作Adrenalin2各色各2本を先行して作っていただいてるのだが今のところ明日の午前中に完成予定という連絡を受けた。18日の日曜にギャラリー公開も控えているし翌日からの北海道遠征にも持っていきたい。しかし運送会社の現状では明日出来たからって明後日にこちらに到着するとはとても思えない。だからいっその事取りに伺う事にしたんだ。

 取りにいくから確実だろうと思われるかもしれないがそれほど現実は甘くないのも知っている。実際に手にした時点と帰ってこれた時点まで確定というのは控えておこう。

 

 さてさて困るのは雪だ。

工場の方に頼めば駅まで迎えにきてくれるだろうが、そんな事に職人さんの手を止めるのは私は嫌なんだ。

どこかのメガネ屋が現地見学と称して慰安旅行気分で鯖江を訪れているのを見掛けるがそのたびに職人さんの手が止まる。それが許せないんだね。せめて私ぐらいは・・・そんな気持ちで可能な限り自力でうかがっているわけだ。

しかし鯖江は道路の除雪に対しては徹底されているのだがその取り除かれた雪は歩道に溜められる。つまり極わずかな歩行者に対してはほとんど考慮されてないんだ。

つまり・・・

この時期の鯖江は長靴が必須なんだ。

 

長靴なんて持ってたって現地で履きかえるには結構な荷物になる。

こちらから履いて鯖江に向かうのもちょっと恥ずかしい。

スニーカーで行って現地に着いたらビニール袋を両足に被せれば問題ないのだがそれもちょっと痛々しい。

(ビニール袋的な靴用の雨合羽をネットで調べてみたがあることはあるんだね。でも効果が出るのは雪国への旅行者のみ。現地の人は買わないだろうから需要がないのであろう。)

 

倉庫を探すとダサい長靴があった。

オシャレなやつじゃなくこれぞ長靴というシンプルなやつだ。

北海道にも行くわけだしオシャレな長靴が売ってたら買うつもりでこれから見てくるが、長靴ごときで1千円以上出す気にはなれない。

 

 

 

 

| 今日の影郎 | 09:49 | - | - |
富良野 森の時計をモデリング

| 今日の影郎 | 21:07 | - | - |
ブログはもう古い?
ギター職人で自宅の横に工房を構える息子。近頃売り上げもうなぎ昇りみたいで忙しそう。

ちょっと売り上げが上がるとこれまでメガネで養ってきた私にまで忠告をしだした。

「ブログなんて時代遅れだよ」とね。
そしておもむろにFacebookのマニュアルを渡された。本を読むなんて私には大の苦手。表紙を開けただけで挫折しそうになってる。

しかしいつかはギターで養ってもらいたいと願いつつ我慢して読むことにする。

私は57歳の関西人だ。
生まれてこのかた「いいね」なんて言葉は言ったことがない。「ええなあ」とか「ええで」だったらもっと身近な存在になってただろうけどフェイスブックはちょっと付いていけてない。



そもそもSNSなんてやる気さえあればこんなマニュアルなんて要らないはずなんだ。きっとやりたくないから読んでるんだろう。




さてさて気になるのは鯖江の雪の状況。敦賀金沢間は終日全列車運休が決まったらしい。
つまり福井県は完全に陸の孤島と化していることになる。

雪ですぐに運休するJR。特に北陸線はなにかあるたびに止まるから皆さん慣れっこみたい。来週の北海道行きも雪に合わせて臨機応変に動かなければならないかもと思いJR北海道のサイトを調べてみたら全線遅れはないとの事だ。強いな。
| 今日の影郎 | 13:38 | - | - |
鯖江からの荷物やばくなってきた。Adrenalin2

 福井県鯖江市に送る荷物は雪の影響で(11日15時現在)荷受けも受け付けてくれない。(ヤマト運輸)

鯖江の取引店さんに送るはずの荷物も規制解除待ちで玄関に置いたままなんだ。

荷受け停止になったのが7日か8日だったと思うがそろそろ解除されてもいいころだと思ったが被害は深刻らしい。

 

 さてさて新たな問題が起こった。

こちらから鯖江に送れないのならばきっと鯖江からの荷物もいまだに送れないのかもしれない。

3月に発売する新作Adrenalin2をギャラリー公開の18日までに1セット届けていただく事になってたんだけどそれが不可能って事もあり得る。たとえその頃に運送会社が稼働していたとしても肝心のメガネが雪の影響も受けずに出来ているかどうかも問題なのだ。(鯖江の工場というは1つの工場で最初から最後まで作るわけではなく作業工程別に工場が分かれているんだ。だから1か所の工程の際に工場間の移動手段が絶たれてしまうと全工程に悪影響してくるわけだ。)

 

 JRだってそうだ。

特急だけはなんとか動いているみたいだが、もし止まった時は同額の運賃で北陸新幹線で金沢から東京までと東海道新幹線で名古屋まで乗せてくれるという噂を聞いた。(*追記 12日の特急は全列車運休だそうだ。電車でも無理ならいよいよヤバイ)

 

いちおう進展したらこのブログですぐに報告するのでその新作目的でギャラリーに来られるかたは随時チェックしてくれ。

なおもしAdrenalin2は各色各1本の1セットのみ営業用として早く仕上げていただいているのだが2セット用意してくれた場合は18日のギャラリー公開日に販売する。それで北海道行きの運賃を稼ぐんだ。

 

adrenalin2の価格設定は悩んだ。

 

基本的にAdrenalin1の時とデザインこそ違え材料や行程は同じなので初代も2も同じ金額というのが理想だ。しかしその当時よりもだいぶ製作費や材料費が高騰している。しかしそこは企業努力で(←ちょっと鳥肌)初代adrenalinと同じ価格に設定した。いつまで経っても裕福になれないわけだ。

 

| 今日の影郎 | 00:00 | - | - |
太陽の塔の中に入ろう!

 48年ぶりに復活する太陽の塔の内部。

48年ぶりというと少なくとも当時を知るのは48歳以上の人間というわけで、

とはいっても生まれたてで大阪まで連れていかれてたとしても覚えているわけがない。つまり内部を懐かしく思うことが出来るのは50代中盤以降の人に限られる。若い事がなにかとお得なように聞こえる時代だが私ぐらいの年代が一番エキサイティングな年代だったとも思える。

 

3月18日から公開の太陽の塔。

オープンしたらすぐにでも行こうと思ってたら完全な予約制らしい。

観覧時間は30分の制限付き

グループ毎の観覧になる。

撮影は禁止

 

予約サイトはコチラ

岡本太郎を神とあがめる私なのに一歩出遅れたことになる。

今日予約を済ませたが早くても4月10日以降までは満員だった。

私は4月11日16時の部に1名の空きがあったのでそこを予約。

ぜったい1回では物足りないので別の時間帯も予約しておこうかと思ったが1か月後でないと次の予約は出来ないシステム。

 

でも4か月先まで予約が出来るらしいので大阪へ行く日程が決まっているのなら予約して人生で1度は見ておくべきだと思うよ。

 

この仕事をしてると凹む事や腹がたつ事がなにかと多い。

そんな折にこの塔の真下に立つと自分の小ささに気付かされるんだ。

 

岡本太郎作 太陽の塔

 

 

 

影郎作太陽の塔

 

 

 

ここに来ると半端ないパワーをもらえるぞ。

 

| 今日の影郎 | 23:15 | - | - |
痩せる気がないダイエッター


| 今日の影郎 | 19:28 | - | - |
福井地方の集荷受け付けてくれず

本日新作PORNO4の出荷を済ませたが、

福井地区への出荷はいれ以上受け取れないとヤマト運輸さんに断られた。

雪で届けられない荷物で倉庫はいっぱいで預かることも出来ないらしい。

 

鯖江市にある取引店「田中眼鏡」さんにその事情を電話でお話ししたところ、

 

「そうですか・・・残念です。

たくさんの影郎ファンの方が今回の新作の到着をまだかまだかと待っており、発売日の10日朝にはまるでi.phone発売時のような行列が出来るはず。雪で転倒する方もいらっしゃるだろうし。それなのにいくら雪が原因だとはいえ待ちに待ったお客様に到着の遅れを告げるのはなんとも辛いですよ、影郎さん」

 

・・・と言いたげな表情で

「ぜーんぜーん大丈夫っすよ」と明るい返事をいただいた。

 

本来ならば私が雪をかき分けて鯖江に出向き、徹夜で行列しているファンの方に直接お詫びしたいところだが・・・

「そんな人誰もいませんよ。影郎さん!」

私に心配を掛けたくないのかわざと嘘をついて安心させようとする取引店さんの優しさが身に染みる。

 

好感度No1デザイナーとして名高い私ではあるが天候だけには勝てない。

 

 

 

| 今日の影郎 | 16:39 | - | - |
鯖江断念

今日も本当ならば福井に行く用事があった。

次回作で特殊な工程がありどうしても職人さんに直接あってお尋ねしたいことがあったんだ。

 

福井(鯖江じゃないよ)は積雪1mとか言ってたな。

先日は雪道で立ち往生した運転手さんが死亡したとか言ってたな。

日本海側からの風雪を全部そこで遮断してくれてるから太平洋側の人は雪に見舞われないわけだ。申し訳ない気持ちになる。

 

北海道に行く前に雪には慣れておかないといけないのだが長靴がない。

買いに行ったとしても現地で履き替えるのは荷物も多くなるので面倒だ。

途中で電車も止まるだろうし・・・・

あーだこーだと自分で行きたくない理由を探せるだけ探し出し罪悪感がなくなったところで予定をキャンセル。

結局は行きたくないだけなんだろう。

やっぱりジジイは家にこもるのがいい。

そんな関係で新作の発送準備を難なく終えた1日でした。

発送準備は完了したので10日午前着を目指して(雪の遅れも考慮してはやめに)全国へ向けて明日発送する。

 

話は変わるが富良野に行ったら冬も夏でも必ず2つの喫茶店に行く。

「森の時計」と「北時計」

 

 

私のメガネの作品名にも出てくるぐらいだし、ギャラリーのバックミュージックも「森の時計」と同じBGM。

それぐらい欠かせないお店なんだが、「北時計」は5〜6年前だったか閉店してしまった。北時計のママさんが私の事を覚えててくれて故郷に戻った気持ちになるんだがそれがなくなって寂しいな・・・

と思ったら市民のボランティアでギャラリー喫茶として存続されているらしい。

これは行かずにおれるわけがない。

富良野屋のスープカレーか唯我独尊のカレーにするかも今から迷っている。

 

 

本当は網走の昨年旅立たれたユーザーさんのおうちに行ってお線香をあげたいし、人生で一度も見たことがない流氷も見てみたい、釧網線の川湯温泉も懐かしいが今回は飛行機リハビリ目的のために無理はしない。

 

 

 

 

 

| 今日の影郎 | 20:46 | - | - |
北海道行き決定

 飛行機嫌いを克服しなければな。

何年前だったか中部国際空港から福岡に向かう際に空港手前でどうしても嫌になり飛行機は無連絡キャンセル。新幹線で博多まで行ったことがあった。それぐらい嫌いなんだ。

 

 しかし昨今のLCCの理不尽ともいえる格安航空代は無視できない。

なにしろ中部国際空港から新千歳までJETSTARを使えば片道4,180円なんだぜ。

 

ちなみに名古屋から新千歳までを鉄道だけで行こうとしたら片道34,240円

ピンと来ないかもしれないけど名古屋から成田まで新幹線で行けば13,470円。JETSTARで中部国際空港から札幌、札幌でラーメンとジンギスカンを食べて札幌から成田に飛んでも8、600円ってなわけだ。バカバカしくていつまでも飛行機苦手ですなんていってらんないよね。

 

 だから私は勇気を出して北海道に行く計画を立てた。

途中で嫌になるかもしれないからイベントの計画を立てず取引店さんへのアポイントもとらずに行く。

新作製作の支払いが毎月のようにあるので今はジリ貧だ。途中でお金に困ったら取引店さんの店の前でメガネを売って稼ごうと思う。(この場合、店の中だとなにかとマズイのだ)

 

予定としては2/18(日)がギャラリー一般公開日なのでその翌日19日(月)から出発する。

19日夜 旭川着 藤田観光ホテル泊

 

20日 何度目なんだろう?富良野ウロウロ 夕刻に旭川に戻りeyewearshop北斗さんへ そのまま旭川で2泊目

 

21日 旭川から美唄に移動。メガネの三愛さんに訪問後 そのまま小樽へ行って鶏の半身焼きを食べる。時間があればそのままバスに乗って懐かしい民宿に行きニシンの丸焼き定食 夕刻に札幌へ。夜はこれまた久しぶりのラーメンすみれへ アパホテル札幌泊

 

22日 もしメガネが売れて資金調達が出来たなら登別のクマ牧場へ行ってお友達の吉田君にエサをやりに行く。第1滝本館で風呂に入り苫小牧へ。オプティークヒダカさんへ寄ってから新千歳。→岐阜というルートを考えてる。

 

本当は先回のようなどこに行くか自分でも解らないすごろくの旅がしたいのだが臨機応変に動けないのが飛行機の欠点だ。

 

なぜにこの寒い時期に北海道?と思われるかもしれないが北海道を知るには真冬が一番いい。

もう少し早くひらめいていれば現在行われてる札幌雪まつりが見れたんだけどちょっと遅かった。

 

今回登別まで行ければ5回目の訪問になる。

吉田君待っててね!

まだ生きてるのかな?

剥製だから死んでるよね。

(↓先回訪問時のクマの吉田君)

 

   

 

 

 

 

| 今日の影郎 | 01:10 | - | - |