ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

影郎デザインワークス

EyewearBrand「ラビリンス」を発信する影郎デザインワークスの公式ブログ。取扱い店のお問い合わせはkagero@octn.jpまで
15日(日)は影郎ギャラリー一般公開

| 自宅ギャラリー | 00:00 | - | - |
ギャラリー入り口のモニュメント制作

ギャラリー入り口にモニュメントを設置した。


古い設計の建物なので入り口にガスのメーターが鎮座している。それをモニュメントの一部として使用。

郵便配達の人がビックリしなければいいけれど。


殺風景な駐車場にもネコのモニュメントを設置。



いよいよ何屋さんかわからなくなってきたな。

その他入り口には常設の看板も設置。

 

古いフェンスのポールだけが建っていたのでそれに設置したのだが、どういうわけか斜めになってしまった。目分量で設置してしまうのでこういうことになってしまうんだ。

 

| 自宅ギャラリー | 00:00 | - | - |
今度の日曜はギャラリーへ

 

ギャラリー一般公開は今度の日曜日

平日しか来れない方から連日ギャラリーのご予約が入っている。

嬉しい反面、本番の日曜日に誰も来なかったらどうしようという不安も襲ってくる。

 

どこのメガネ屋さんも悩んでいることだろうが私のギャラリーも遠方からの来訪者やヘビーユーザーさんは多いものの、

地元の方にはほとんど認知されていない。

ヘビーユーザーさんのおかげでギャラリー経営が成り立っているがその人達ばかりに甘えてばかりじゃいけないなと常日頃思っているんだ。出来ればその人達の財布の紐を緩ませたくないのが本音なのだ。ギャラリーに来ていただいて楽しんでいただけ、そして会場をにぎわせてくれるだけで充分すぎるぐらいに感謝しているんだぜ。でもメガネを買っていただけると知っては素直に喜ぶ自分もいることは確かでなんとも情けなくお恥ずかしい限りなんだ。だから地元の未体験の人にたくさん来ていただきギャラリーで体験をしていただきたいという願いが強いってわけだ。

 

 実施のたびに結果におごらずに反省会を開き少しずつ改善してはいる。

(人の店に対しては集客のアイデアは出るものの自分の事になると何も浮かばないし助言してくれる人もいないんだな。)

どんなにネットやSNSが普及してもそれに頼りすぎると足元が暗くなる。今回は地道に地元の商店街や住宅地にポスティングをやってみた。チラシを配っていると眼鏡店の雇われ店長をやってた辛い時代を思い出す。

 

 

 

ギャラリー一般開放は毎月実施しているがまだまだ発展途上。

実験段階の計画もたくさんある。

7月実施時までに完成形を目指したいと思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 自宅ギャラリー | 12:59 | - | - |
昨日のギャラリー一般公開

 昨日のギャラリー一般公開。

豊橋から来てくれたご家族の子どもたちと近所の川の鯉(吉田くんやサナエさん)にエサをやったりと久々に厭されました。

自分の子どもが幼い頃には遊んであげてる気でいましたが本当は遊んでもらってたんだなってこの歳になって気付きちょっと後悔してます。小さいお子さんのいる世代のお客様がなんの気兼ねもなくご家族でギャラリーにご来場いただけるようもっと工夫をしないとね。また遊びにきてね。

 

 いつもギャラリー一般公開時にお手伝いいただいてるサロンモデルの真衣ちゃんに無茶振りイベント「自分の顔が大好きになる自撮り講座」の予行演習もしました。実験台になってくれた方々もありがとうございます。成功すればこの企画はきっと感動もの。来月にもう一度予行演習をして形に仕上げていきたいと思います。

 

 

 新作「Adrenalin2」先行販売をしたおかげで明日からの北海道行きの旅費が出来ました。早々ありがとうございます。

(なお1セットは残してますので北海道に持っていきます。旅の途中で売れたらごめんなさい。)

 

 

実際販売してみて解ったこと。

*col,50(スチームパンク)を買いに来た方。

  iPhoneImage.png 

念のために他の色も試着していただきましたらこれまでの動きが停止されました。

col,70(空自)が目茶目茶似合ったからです。

 iPhoneImage.png  

正直私もこれには驚きました。

なぜかというとその男性は色黒だったからなのです。

日焼けした肌に恐ろしいほどマッチしたんですね。

 

私自身にはこのカラーは似合いません。

それは単純に眉や髪に白髪となり顔にメリハリが無くなったからだと思ってましたが違いました。肌の濃さによるものでした。つまり色白の方には全然似合わなくて色黒の方にはめちゃんこ似合うという特性があるようです。特に白髪で色黒の人が掛けたら目茶目茶似合うだろうね。(夏には私も真っ黒になるけどね。)

 

*そしてもう一つの実験

女性がadrenalin2を掛けるとどうなるか?

作者が「女性でもいけますでしょ?」とコメントするのも白々しい宣伝になりますのでこれは皆さんに判断していただきましょう。

サロモのまいちゃんにモデルになっていただき撮影しました。

 

iPhoneImage.png 

 

iPhoneImage.png 

 

 

さーて

今日からは北海道。

大嫌いな飛行機に乗るのが今から憂鬱。

いつでもリバース出来るようトイレ付近の席を取りました。

 

 

 

 

 

| 自宅ギャラリー | 03:47 | - | - |
2/18(sun) 今月のギャラリー公開日

なんといっても今回の目玉は来月発売の新作「Adrenalin2」の初お披露目が出来るかどうか・・

今や電車も終日運休で、陸の孤島と化した鯖江の工場からの連絡は

「16日の午前に2セット完成する予定。その頃の物流の動きがさっぱり解らないので取りにきてもらうかも・・・」

とのことだった。

昨日も北陸線は終日全列車運休だった。

今日からは気温も上がるみたいだがさてさてどうなるか

鯖江の取引店宛てのPORNO4もまだ発送もできずに玄関に放置してある。もし電車がその頃に動いたとしても運送会社に溜まりに溜まった荷物をさばけてるとは思えない。したがって16日もしくは17日に私が鯖江まで取りにいく事になりそうだ。

そうなると交通費もかかる。毎月のように作品を出してきたのでその製作費の支払いに今の私はジリ貧なのだ。

だからもし2セットが完成し、もしそれが18日のギャラリー一般公開時に手元にあったなら・・・

2セット分のうち1セット分をギャラリーで販売可能とします。

残りの1セットを北海道に持っていきます。北海道の取引店3店舗にそれをご披露しないといけないので北海道では販売することは出来ないはずだが、とはいえせっかく北海道までいくのだからタラバガ二とかウニ丼とかも食べたい。どうせadrenalin2は3月初旬に全部入荷することだし気分によっては販売する可能性もあるので交渉してくれ。ただしお買い上げいただく場合は眼鏡店内部ではなく近隣のカフェもしくは旭橋観光センター内での秘密取引となる。(←こういう事書くな!)

| 自宅ギャラリー | 00:00 | - | - |
どうすれば伝えたい事が相手に伝わるか (ポスティング計画)

「伝えてるつもりと自惚れててはいけない」というお話しから。

 

 

 専属営業マンのいない、しかも旅嫌い、営業嫌いのメガネのブランドとしては情報を伝える手段としてブログなどのSNSに頼る事が多い。だからブログなどでは伝えたい事は結構伝えてるつもりだった。また、今日の喰ったものとか、今日遊んだ事とか、そんなどうでもいい内容は伝えたい事がぼやけてしまうので極力載せないようにしている。

 

 しかし自分で思ってるほどには伝わってはいないんだよね。

 

先日の関東、東北の旅でも取引店じゃないし一度の面識もない山形の眼鏡店の方が「影郎さんが山形にいらっしゃるとブログを読んでひょっとして立ち寄られるんじゃないかと思ってました」と言われることもあった。取引店の中でもユーザーさんと一緒に私の到着を待っていただいてる店もあった。しかし「おっ!何しに来たの」と急な訪問を驚かれる取引店の方もあるんだね。

どのお店が私のブログを読んでて、どのお店が読まれていないのかが簡単に解ったんだ。これではブログでいくら作品の説明を書いても伝わらないわけだね。

 

 つまりブログは万能ではないという事だ。

伝えているつもりでもそれは自惚れ以外の何物でもない。これまで少々天狗になってたと反省するべきであろう。

 

読んでいただいてない人に照準を合わせると、たまに覗いていただくタイミングを外さないようにクドイぐらいに同じ内容を繰り返さなければならないし、しかし毎日読んでいただいている人に照準を合わせると「またこの話?」ときっとシラケさせてしまうだろう。情報を吸収しようとしている方への告知方法と情報を拒絶しようとしている方への告知方法の2通りを考えていかなければならない。

 

 なんでこんな話をしだしたかというと、

実は地元岐阜県大垣市で月1回で行われているギャラリー公開。

実際は不本意ながら地元のお客さんよりもSNSで読んできたという遠方からの来客が大半なのだ。

 

地元には取引店を作らなかったのはギャラリーの運営を考えてたからであって、しかしその情報が伝わってなければ、ちゃんとした店構えをしてるわけでもないので地元に浸透していないのは当然の事。地元向けの雑誌や新聞に折り込みチラシを入れればまた事態も変わってくるのだろうが毎日開催ならまだしも月1回の6時間のギャラリー運営のためにそんなものに莫大な費用を掛けるぐらいであればそのお金で新作を作った方がマシ。

 

地元の方にどうすれば伝わるか・・・????

 

そこで私はコテコテの方法を思いついた。

ポスティングだ。

大量に配る必要もない。これも自惚れだが私の作品を掛けていただくだけで他の人を呼び寄せる魔力を持っているはず。問題は何部撒くかという事ではなくその内容にある。

 

伝えたい事は多々あっても、見易さや、興味の持たせ方を優先し出来るだけ削ぎ落す。

この点でバカな私はそういう作業が苦手なんだよね。

 

YAHOOのニュースのタイトルって大体14〜17文字以内で表題をつけるだろう?

たとえば・・・昨日のニュースから拾えば

*五輪開会式後、深夜に観客大混乱(14文字)

*北朝鮮、韓国大統領に訪朝要請(14文字)

*「保育園落ちてよかった」親の声(15文字)

*テレ東「池の水」大成功、TVの将来は(17文字)

どう?それほど興味もないはずなのにクリックしてその内容を知るたくなる表題でしょ?

 

実は昨日のブログで私は実験してみたんだ。

ただ単純に私が浅草で買った寿司Tシャツを着てウォーキングマシンに乗っている風景を自撮りし、その表題は「痩せる気のないダイエッター」という題名にしてみたんだ。するとだ。件数は恥ずかしいので言わないけれどアクセス数が普段の5倍も増えたんだ。表題ってそれほど大切なんだろう。コピーライターの才能でもあればいいのだが・・・・

興味をそそりその内容を知りたくなる表題の付け方。しかし私は国語的な事がさっぱり苦手だ。ある取引店さんに「ダラダラと長い文章を書いても誰も読まないよ」と忠告した事があるがその助言はまさにわが身に対するものでもあったんんだ。

 

今とりあえず考えたポスティングハガキの内容はこうだ。

もっともっと削ぎ落とさなければならない。誰か専門の方がいたら添削してほしいぐらいだがどうせこんな長い文章のブログは誰も読んでないだろうな。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 自宅ギャラリー | 00:00 | - | - |
2月のギャラリー公開は18日12-18時

 

1.jpg

今月のギャラリー公開は18日です。

 

もちろん新作PORNO4も展示販売できます。

 

3月発売のAdrenalin2のサンプルが用意できるかどうかは鯖江の工場と交渉中

(追記)さきほど工場から連絡ありました。17日に1セットだけ届けれそうとの事でした。なのでAdrenalin2の実物は当日ご覧いただけそうです。ただしその日の販売は出来ずご予約という形になります。

 

 

 

| 自宅ギャラリー | 00:00 | - | - |
次回ギャラリー公開は2月18日(日)

 なんだろう?

これでも気を張ってたのかな?

昨日のギャラリー公開が済んで今日は午後まで死ぬほど寝ました。

 

 性分なのかもしれないが私は何事にも「満足」するという習慣がない。

やってきた事をすべて成功だったとか良い経験だったとかで自分を納得させる事は不可能ではないし手っ取り早い幸福の見つけ方なんだろうけどね。でもいつも感じるんだ。ひょっとしたら大失敗してるんじゃないかとね。こんな性格は不幸だよね。

そんなわけでギャラリー公開が終わりお客様を無理やり交えての反省会を実施した。

 

 私はメガネ屋さんにはアドバイスをするもののメガネ屋さんからアドバイスを受ける事はほとんどない。

こちらの方が年上だから言いにくいのかもしれないがギブ&テイクの関係は築けてはいないんだ。

だからユーザーさんに何から何までを相談するんだ。業界専門の方でなきゃ解らない話も確かにあるが、業界の方では解らない盲点がたくさんあってそれをズケズケ言っていただくように仕向けるんだ。

その意見をこまめにメモを取る私。

 

今そのメモを見直してるんだけど、書いたメモが適当すぎて見ててもなんのことやらさっぱり解らないから思い出すのに苦労をしてる最中。このギャラリー公開は毎月第3日曜に実施するつもりだが回数を重ねるうちに自分でも満足できるイベントに成長させたいと思っている。

 

さて、作品カタログの1日1本掲載が数日滞っている。ちょっと暇が出来たらまとめて投稿するので「とうとう飽きやがった」とは思わないでくれ。

 

 

1.jpg   

 

 

 

| 自宅ギャラリー | 18:56 | - | - |
明日12時ギャラリー一般開放



 

先ほど到着しました。

 

| 自宅ギャラリー | 17:33 | - | - |
21日(日)のギャラリー公開の目玉

 

 

私のこれまでの作品の強みは

お客さんがメガネを掛けた時のイメージをご自身で想像出来ない点にある。

見事にハマった場合にはご自身の知らないご自身を発見され感動され、私の作品の、そして買ったお店のファンになっていただける。ブランド名が示すように迷宮入りしてしまい他のメガネでは満足できなくなってしまう。

 

逆に私の作品の弱みは

同じく、お客さんがメガネを掛けた時のイメージをご自身で想像出来ない点にあるんだ。

たとえば髪を切りにいくのにどんな髪型にしようかをある程度考えてから行かれることと思う。つまりその場合のデザイナーは似合おうが似合わなかろうがお客さんであり美容師さんはその要望に従うだけ。見事にハマればその功績はお客様にあり、ハマらなければ下手な美容師さんという残念な結果しか生じない。美容師さんにしてみれば腕を振るうことも出来ずたまったものではないわけだ。

「こんなメガネを買いにいこう」というお客さんの行動にこれまでは頑固なまでに逆らってきた。

つまりお客さんの想定のはるか上をプロとして提案してきたんだ。

「これを掛けたらどんな自分が仕上がるのだろうか???」そういった好奇心のある方ならば危険な賭けにも出れるのだが、好奇心の無い方には私の作品は視界にすら外れてしまうわけだね。だから私の作品を取り扱ってくれるお店は厳選してきた。つまりお客さんをほったらかしにするのではなくプロとしての提案力のあるお店だけに厳選する必要があったわけだ。それが私の作品の弱みでもある。

 

 来月発売させる新作「PORNO4」に関しては私は少し目線を変えてみた。

拒絶されるか好まれるかは別にして、お客様がご自身で掛けてみた時の事を想定しやすい形を作ってみたんだ。

ありきたりなメタルフレームのデザインと

ありきたりなアセテートフレームを無理やり融合させてしまったんだね。

 

カレーか?

うどんか?

迷った時はとりあえずカレーうどん?的な誰でも考えつきそうな安易なメガネである。

 

ありきたりなデザインを考えるのはすごく楽。

楽過ぎてこれまでの自分の苦労はなんだったんだろうという気分になる。

しかしメタルのありきたりとセルフレームのありきたりを融合させる作業は急に難しくなる。

クラシック音楽の旋律で演歌を歌うようなもの・・・?

 

 現時点でまだ私の手元には届いてないのだが本日中に完成サンプルを鯖江から届けていただけることになった。

丁度日曜日はギャラリー公開日なのでその時にこの作品をいろんな人に掛けてもらい首実験をさせていただこうと思う。予想ではこれまでの私の作品の所有者には見向きもされないだろうが、初めて知った方には大変興味を持たれることだろう。実はそれが私の狙いだ。

 

 

 

1.jpg  

 

 

 

 

 

 

 

 

| 自宅ギャラリー | 00:05 | - | - |