ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

影郎デザインワークス

EyewearBrand「ラビリンス」を発信する影郎デザインワークスの公式ブログ。取扱い店のお問い合わせはkagero@octn.jpまで
黄色いゴーヤ
影郎農園のゴーヤもいよいよ終盤。
実が成長しきれてないのに黄色く彩り始めた。



実は私はゴーヤは大嫌い。
喰わず嫌いなんじゃなくて口に入れたらすぐに吐き出してしまうぐらい嫌いなんだ。「苦くて美味しい」なんて言う奴がいるが私に言わせれば「マズくて美味しい」と言っているようなもの。意味が解らないんだ。

幸い家族は食べるから収穫はしてきたが実は私はゴーヤなどのツル植物をペットとして飼ってるんだ。あんなに頭脳明晰な植物はない。この話をすると長くなるからやめておくが。


さてこの完熟ゴーヤ。

割って中を開けてみる。
するとまるでケチャップのような果肉に包まれた種が見えてくる。

この種はまだ早いが、あと数日中を開けずに放置し、自然に割れる寸前の実から取れる種の果肉は驚くほどに甘い。



準備が出来るまでは苦くて目立たない実に守られ、準備が出来たら果肉に甘みをつけて実を黄色く目立たせて鳥に気付いてもらい、種を甘い果肉ごと食べさせて遠くへ運んでもらい、ウンコ肥料に包まれたまま来年の発芽を待つのだろう。恐ろしいまでのストーリーをこの植物は持っているんだね。だからペットとして飼う気持ちも解らなくもないだろう?
| 今日の影郎 | 00:00 | - | - |
SL&フィッシング

リア充記事は書かない約束だが、私は眼鏡業界鉄道研究会理事長の立場から今日の出来事は記しておかなければならない。

幸い夕方にしか仕事が入ってないので先週に引き続き走る蒸気機関車に会ってきた。

 

米原駅10時00分 C56が入線。

子連れ夫婦がわっと群がる。お決まりの記念撮影が邪魔。

この機関車は普段は京都の鉄道博物館に鎮座しているので停車中の記念写真は勘弁してもらいたいものだ。

やはりC56は小型で迫力に欠ける。私が大好きな日本最大の機関車C62の迫力には到底かなわない。

米原発は10時09分。

私はそれより早い10時05分発の各駅停車に乗り次の駅で蒸気機関車を待ち構えた。

 

国鉄時代のレールは継ぎ目があったのでガタンゴトンという小気味よいリズムを刻んだが、JRのレールと蒸気機関車が通過してもまるで鉄道模型のような機械音しかしないのが難点だ。

実は今週もこうして見学にやってきたのは先週に後悔することがあったんだ。動画撮影に夢中のあまり一瞬で通りすぎる光景を小さなファインダー越しにしか見てなかったからだ。今回はアングルが適当にして生身の眼で見ておこうと心に決めたんだ。

 

さて次に通過するのは3時間後。

その間を琵琶湖に移動しブラックバスに遊んでもらう。

iPhoneImage.png

 

 

 

 

13時30分。今度は長浜市街の踏切で見学することに。

やはり走る蒸気機関車は車輪を見なければ面白くない。ホームからではそれは見えないからね。

機関車が近付いてきたときにバカな鉄道ファンが踏切を潜り抜けた。

ちょうどそいつも動画に写ってしまったから腹を立ててるうちにすぐに走り抜けてしまった

次回運転は10月8日・15日・29日、11月5日(いづれも日曜日)

私はもうおなか一杯だから行かない。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 今日の影郎 | 19:57 | - | - |
本日のボツデザイン 「TAO」

ボツデザインを描くぞ!

最初からこの心構えで描きだす。

なんのプランも無く描きだすものだから行き当たりばったりのデザインになってしまう事は避けられない。

でもそれも考えようによっては楽しい作業だ。

 

ボツデザインを描くつもりでも心のどこかには欲もある。ひょっとしたら実際に製品化してもいいんじゃないかってね。

でも描いてる途中で思ったんだ。

映画マトリックスに出てくるサングラスに似ているなとね。だから完璧にボツだ。

「変なメガネ!」と評価されるのは構わないが、

「あのメガネに似ている」と言われるのは人前でウンコするのと同じぐらい恥ずかしいからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 作品案内 | 05:09 | - | - |
暴走する絵

メガネのデザインもそうだが、上手に描こうとするばするほどにつまらないデザインになる。

「下手でもいい。どうせなら下手を極めた方がいい」という心境で、たとえば目をつむって描いた図面などはけっこう面白いんだ。

 

人間はなにがなんでも自力で制御しようとする悪い癖がある。

 

ある程度まで制御したらそこからは完全に突き放す。

そうすることによって絵自体に生命が拭き込まれる。

子供の教育にも似たところがあるよね。

 

| CG | 10:38 | - | - |
一泊3千円ホテルのベッドは寝かしてくれない


珍しくグリーン車で帰宅中。
というのも昨夜の安ホテルのベッドがずっとスプリングが軋む音がして全く眠れなかったからだ。一泊3千円という安いホテルにしたのは早々チェックアウトして浮かせたお金で温泉にでも行って美味しいものでも食べたかったからなのだが、これほど眠いと温泉どころじゃない。そのお金でグリーン車に乗って寝た方がいい。

グリーン車に乗っても早く着くわけでもないわけで、求めるのは眠れる環境以外の何物でもないのだが、

蝶ネクタイをしたうるさいガキがグリーン車内で騒いでいた。何度か取っ捕まえようと思ったことか。
私はこの歳になってもグリーン車に乗ったのは人生で2度目なんだ。なのになんでガキが乗ってるのかが解らない。きっといい育ち方はしないぞ〜と密かに呪った。まーこういう大人にはならなくて済みそうだけどね。


| 今日の影郎 | 18:24 | - | - |
旅先なので・・・

無題

 

今日も旅先なので私が作った動画だけで勘弁してくれ

 

 

見られる側

視る側

見られる側と視る側の双方を観る側

 

 

| CG | 00:00 | - | - |