ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

影郎デザインワークス

EyewearBrand「ラビリンス」を発信する影郎デザインワークスの公式ブログ。取扱い店のお問い合わせはkagero@octn.jpまで
今週ギャラリー全休となりました。

 

今週は水、木とギャラリーを開けるつもりでしたが予定がはいりました。

28日までお休みさせていただきます。

 

12月の主なイベントは以下の通りとなっております。

ギャラリーは毎週月、火と名古屋クリエーターズマーケット出展のため12月9日(土)、10(日)をお休みさせていただきます。せかせかしてもよい方は16,17日の一般公開日に、ゆっくり見たい方はそれ以外の営業日にご予約ください。

 

 

 

 

| 自宅ギャラリー | 23:04 | - | - |
眼鏡店様向けギャラリー公開日 決定

IOFTや春の展示会にも参加しない!

営業もしない!

ならばメガネを見る機会がないじゃないか!!

 

そんな眼鏡店さまのお声にお応えして・・・

 

既存取引店様と

 

お取引の無い眼鏡店様 向け

 

「影郎ギャラリー眼鏡店様向け公開日」を設けました。

 

(*通販行為をしている眼鏡店はお断りします)

 

日時は12月13日(水)14日(木)

JR東海道線大垣駅前 影郎ギャラリー

詳しいアクセスはこちら

 

朝早くても夜遅くても夜中でも構いませんが、

常駐はしておりませんので前日12日(火)までにメールにてご予約くださいませ。

 

kagero@octn.jp ←クリックしていただきますと予約メールフォームがひらきます

件名「ギャラリー予約」

本文「ご住所、お電話番号、店名、お名前、ご来場日とおよその到着時間、ご来場人数」をご記入くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

なお新作POISON6ですがこの日には完成していると思われますが、万一遅れそうな場合はこのブログにてご報告いたします。

 

| 取引店 | 00:00 | - | - |
青森県八戸市での作品展は本日から

 

 

本日より26日(日)まで青森県八戸市のメガネアートさんで作品展を開催します。

 

ショップデータ

 

メガネアート

https://www.m-art8.com/

 

青森県八戸市番町25 本八戸駅から徒歩5分ぐらいかな とりあえず街の中心地

郵便番号 031-0031

電話番号 0178-45-0178

(この郵便番号と電話番号を見ると毎回ムカつく私)

 

営業時間

平  日 10:00~19:00

日・祝 11:00~18:00

定休日 水曜日(祝日の場合営業いたします)

 

ここのお客さんは皆さんフレンドリーで遊びに行きたい気がするんだけど、神戸の実家にも帰らなきゃいけない用事がある。

西に向かうか東に向かうかは寸前で決めることとします。

いずれにしろギャラリーは24日から28日までお休みします。

 

 

 

| 取引店 | 00:00 | - | - |
失敗のススメ
失敗の積み重ねが人間を形成させる。やり方さえ間違わなければ失敗はどんどんするべきだ。成功しようと思うから失敗すると凹むのであって最初から失敗するつもりで挑むと極稀に成功することもあるから面白い。穏便に何もしないで何かのタイミングを見計らっているよりはずっと楽しい。

やり方さえ間違わなければと言ったがそれはどういう事か。


自分に言い聞かせる為にもここに書き込んでおく。

*失敗した時の逃げ道を確保してから、あるいはB案、C案を準備してから取り掛かる事。


*失敗を失敗と認める事。変に自分を美化しない事。なぜ失敗したのかを徹底的に反省すること。


*同じ失敗を繰り返しそれが慢性化して、もはや失敗が失敗と思えなくなり、失敗が当たり前になってないか自分を見つめ直す事。

この3つが大切。

よーし、勇気がわいた。頑張ろうっと。

| 今日の影郎 | 09:06 | - | - |
黄金のポリバケツ

奇妙な夢を見た。

就寝前に大量の水を飲んだものだから私の膀胱は破裂寸前だったのだが、わざわざ布団から出てトイレに行くのはめんどくさかったからこんな夢を見たんだろう。

 

夢の中でも私は横になっていた。

おしっこがしたくてたまらない。
するとふたりの女神が一糸まとわぬ姿で現れた。

形のよい乳房をゆらし大きなポリバケツをふたりで運んで私のほうにやってきたんだ。

 

そのポリバケツは黄金

私は尿意を忘れその美しい姿に見とれていたんだ。

その女神は私にこうつぶやいた。

 

「さあ。 ここに思いぞんぶんやっておくれ」

 

私はパンツを脱ぎそのポリバケツにめがけて思いっきり出した。ここは天国かと思った。

 

 

 

 

 

 

| 今日の影郎 | 00:00 | - | - |
家具売り場の中国人と店員の攻防

 大型ショッピングセンターの家具売り場に行ったら20人ぐらいの中国人がいた。

店内においてあるテーブルセットやソファーやベットに腰かけてまるで我が家の様。

 

 その行動にちょっと興味が湧いてきた私は客が品定めするようにそのソファーを見るために近寄ったんだ。たとえ文化の違いはあるとしてもいくらなんでも退くだろうとほのかな期待を込めたんだが、その中国人は私を睨みつけるだけで退く気配なし。もう笑うしかない。あっちのテーブルではポテトチップの袋を平らに広げて皆で分け合ってる。

ほっておくとベットで横になりかねない。

 

「中国人 家具売り場」で画像検索してみたらけっこうそういう画像が出てくるね。めずらしい光景ではないようだ)

 

 

 言っておくが、こういう状況をブログに書いていまさら彼らを批難をしようなんて思ってないよ。

私が興味があったのは家具売り場の人の対応の仕方なんだ。

 

「こういうケースでいったい彼らはどう対応するのだろう?」

同じ商売人として興味のあるところだ。

 

 スタッフが影でなにやらひそひそ話してる。

行くのか?

行かないのか?

・・・

その姿を私はしばらく眺めていたんだが、ふとそのスタッフの男性と目が合ってしまったんだ。

すると彼は私の方を向いて眉間にしわをよせ困ったような表情をして見せた。

 

なんやそれ!

私に助けを求めるなよ。。。。

 

 

*もし影郎さんが家具売り場の店員さんならばどう対応するの?のご質問。

もし私だったら?うーーん。気付かないフリして家具と一緒に梱包しちゃうかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 今日の影郎 | 20:53 | - | - |