ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode

影郎デザインワークス

LABYRINTH by Kagero Design Works
アイウエアデザイナー影郎のブログ
稀勢の里はなぜ勝てたのか

相撲ファンならずとも今場所の稀勢の里の優勝は心に響いただろう。
13日目に肩を痛めて救急搬送。照ノ富士と優勝を争っていたのに休場を余儀無くされると誰もが思っただろうが、彼は痛みを堪えて14日目を出場し、でも力が入らないためあっさり負ける。照ノ富士1敗、稀勢の里2敗で千秋楽を迎え本割で照ノ富士に片腕で勝ち、優勝決定戦でも勝って優勝をした。

実はこの勝利には訳があるように思える。完全に会場の客を味方につけて後押ししてもらったからなんじゃないかな。怪我を押して出場した根性もそうだろうが、照ノ富士は完全なヒール役になってしまいアウェイの中で戦わざるをえなかった。
照ノ富士は大関復帰を目指す琴奨菊に肩透かしを食らわせた。会場からは大ブーイング。そのあまりの異様さに次の取り組みがあった兄弟子の日馬富士はびびって負けたぐらいなんだ。

つまり稀勢の里の優勝は琴奨菊の怨念みたいなものが照ノ富士を襲ったからなんじゃないかな。

肩透かしもひとつの手段。勝ちにこだわる力士さんにとっては卑怯でもなんでもない。それを帰れコールする客も酷いけどね。

ともかく歴史に残る出来事だったね。名古屋場所はぜひともチケットを取って見に行きたいところだが今場所のチケットは開始2時間で完売したそうだ。また無理かも。ポールマッカートニーよりも観たい。

 

| 今日の影郎 | 11:06 | - | - |
フレームカーブとレンズのヤゲンカーブ

フレームのフロントには緩いカーブを持たせてある。

光学上の理由もあればビジュアル的な理由もある。

とはいえレンズのカーブと合ってなければどうしてもフレームの方が弱いのでレンズのカーブになじんでしまうんだ。

たとえば上の図

フレームカーブとレンズのヤゲンカーブは合っている。

 

しかしレンズのヤゲンカーブが直線に近ければ近い程にこうなってしまう。

  

平になってしまうだけでなくテンプル間の幅がひらいてしまいガバガバになるんだね。

デザイン的にも変なメガネになってしまう。顔が平べったく見えてしまうんだ。

 

薄いレンズほど平になってしまうのでそんなに目も悪くないのに薄型を使うのは考え物だ。

 

レンズにある程度の厚みがあれば下図の様にヤゲンカーブを強制ヤゲンという加工手法で自由にレイアウトできる。

つまり薄ければ薄いほど良いってわけでもないんだよね。

 

 

こうすると前面にもレンズがはみ出す結果となってしまうがガバガバになってしまう事態は避けられる。

 

いずれにしてもレンズの薄さの種類はフレームと度数の強さとのバランスが重要。正解はない。

こういう事はプロに任せようね。

 

 

 

 

 

 

 

| 今日の影郎 | 09:43 | - | - |
たまにはなんでもない写真

今日はギャラリーお休みなのでランニング。最近キモい絵ばかり載せてるのでたまには花の写真などを載せて好感度をあげなきゃね。


















こんな写真見せられたところで何も得るものないよね。ごめんなさい。

こんどの土曜からは松山市でも感動するぜ。

下をクリック

| 今日の影郎 | 08:00 | - | - |
レゴランド プレオープン

 

4/1名古屋港金城ふ頭にオープンするレゴランド。

プレオープンなのにアトラクションは300分待ち。


 

名古屋

 

大阪難波

 

 

 

お台場

 

 

 

 

| 今日の影郎 | 22:54 | - | - |
材質の違う女達 25〜36/36

28.jpg

 

30.jpg

 

31.jpg

 

 

32.jpg

 

33.jpg

 

34.jpg

 

35.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 今日の影郎 | 09:39 | - | - |
材質の違う女達 13〜24/36

13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg

21.jpg

23.jpg

24.jpg

36.jpg

25.jpg

26.jpg

 

 

 

 

| CG | 09:08 | - | - |